【終了】2021年8月12日 EMI Expert Salon: 腰痛治療の設計図③ー仙腸関節の病態と治療ー

講座概要

多種多様な疼痛に対する対症療法を含めた治療法について解説するセミナーシリーズ

仙腸関節由来の疼痛のうち、寛骨や仙骨に外力を加える「疼痛緩和テスト」で明らかな症状軽減が得られる症例に対する治療法を述べる。仙腸関節の適合性と安定性を乱すような寛骨や仙骨に加わる軟部組織由来の力を分析する。具体的には、腸骨稜を外側に引く股関節外転拘縮(寛骨下方回旋)、腸骨前面(上前腸骨棘)を内側に引く寛骨内旋拘縮、一側寛骨前面を下方に引く股関節屈曲拘縮、尾骨を左右どちらかに引く殿部拘縮などの影響を解消させることにより、「疼痛緩和テスト」と同等の症状の変化が得られることを概説する。

■シリーズ予定
第1回2021年6月10日(木)(20時~21時30分)骨盤帯痛の病態
第2回2021年6月24日(木)(20時~21時30分)治療の設計図
第3回2021年8月12日(木)(20時~21時30分)仙腸関節痛の病態と治療
第4回2021年8月26日(木)(20時~21時30分)仙腸関節痛の対症療法
第5回2021年10月7日(木)(20時~21時30分)深殿部痛の病態と治療
第6回2021年10月21日(木)(20時~21時30分)深殿部痛の対症療法
第7回2021年12月9日(木)(20時~21時30分)浅殿部痛・腰背部痛の病態と治療
第8回2021年12月23日(木)(20時~21時30分)浅殿部痛・用背部痛の対症療法
第9回2022年2月10日(木)(20時~21時30分)鼠径部痛の病態と治療
第10回2022年2月24日(木)(20時~21時30分)鼠径部痛び対症療法

講師

蒲田 和芳 先生

株式会社GLAB代表取締役 理学療法士

講座日時

2021年8月12日(木)20〜21時半

オンライン配信

※アーカイブ動画配信あり

内容

20時~20時40分:講義

20時40分~21時:質疑応答

21時から21時30分頃:個別サロン

*個別サロンへの参加希望はOCD会員であることが必須条件になります。個別サロンはエキスパートの先生に大勢の前では聞けない事を聞けるチャンスの場であるとともに、エキスパートの先生と親密になれるチャンスです!

講座料金

一般価格(税込)   2,000円

OCD会員価格(税込)1,500円


新たにOCD会員登録(月額1,000円)をご希望の場合には、下記より先にOCD会員登録をお申し込みください。今回のセミナーより会員価格でご参加可能です。

新規OCD会員登録はこちら