【終了】2021年10月14日 EMI Expert Salon: 腰痛治療の設計図⑤⑥ー深殿部痛の病態と治療ー

講座概要

多種多様な疼痛に対する対症療法を含めた治療法について解説するセミナーシリーズ

⑤深殿部スペースは、大殿筋の深部で、腸骨稜、仙骨、大転子、坐骨に囲まれた領域です。深殿部痛はこの領域内の坐骨神経由来もしくは他の神経の絞扼障害による疼痛の総称であり、椎間板由来の疼痛は除外される。梨状筋深層や内閉鎖筋レベルでの坐骨神経の癒着を中心に、深殿部の神経障害について精密触診の技術と合わせて解説する。

⑥深殿部痛は坐骨神経由来もしくは他の神経の絞扼障害による疼痛の総称であるが、大殿筋深層の疼痛にはこれら以外の筋や血管由来の疼痛が存在する。その原因として、過去の椎間板性の坐骨神経痛もありうるが、それ以外に治療やトレーニングの一部として用いられる強い圧迫(挫滅マッサージ)の影響も含まれる。特に、人為的に加えられた慢性的な挫滅によって大殿筋深層には広範囲に癒着が生じ、多数の神経を巻き込んだ疼痛が生じることがある。これらを解決するには、広範囲の治療が必要となることについて解説したい。

■シリーズ予定
※日程・内容に変更がございます 詳しくはこちらのページにてご確認をお願いいたします
第1回2021年6月10日(木)(20時~21時30分)骨盤帯痛の病態
第2回2021年6月24日(木)(20時~21時30分)治療の設計図
第3回2021年8月12日(木)(20時~21時30分)仙腸関節痛の病態と治療
第4回2021年8月26日(木)(20時~21時30分)仙腸関節痛の対症療法
第5・6回2021年10月14日(木)(20時~22時)深殿部痛の病態と治療と対処療法
第7・8回2021年12月23日(木)(20時~22時)殿部痛・腰背部痛の病態と治療と対処療法
第9・10回2022年2月24日(木)(20時~22時)鼠径部痛の病態と治療と対症療法

講師

蒲田 和芳 先生

株式会社GLAB代表取締役 理学療法士

講座日時

2021年10月14日(木)20〜22時

オンライン配信

※アーカイブ動画配信あり

内容

20時~21時10分:講義

21時10分~21時30分:質疑応答

21時30分から22時:個別サロン

*個別サロンへの参加希望はOCD会員であることが必須条件になります。個別サロンはエキスパートの先生に大勢の前では聞けない事を聞けるチャンスの場であるとともに、エキスパートの先生と親密になれるチャンスです!

講座料金

一般価格(税込)   2,000円

OCD会員価格(税込)1,500円


新たにOCD会員登録(月額1,000円)をご希望の場合には、下記より先にOCD会員登録をお申し込みください。今回のセミナーより会員価格でご参加可能です。

新規OCD会員登録はこちら

キャンセル規定

・お申込み後のキャンセルは受け付けておりませんのでご了承ください。