【終了】2021年5月14日 EMI EXPERT SALON:超音波を用いたリウマチ診療

当セミナーはエキスパートサロンです

エキスパートサロンとは?
その道のエキスパートを講師として、オンライン講義を行います(全員受講可能)。オンライン講義後は2、3名のみの限定参加型サロンとして直接質疑応答ができるコンテンツ。サロン参加希望多数の場合は抽選。
注意:サロンへの参加にはOCD会員であることが必須条件となります。サロンへの参加をご希望の方はOCD会員登録をお願いいたします。

講座概要

関節リウマチにおける関節超音波診療の基本から、関節超音波陰性の痛みの考え方まで、わかりやすく解説

関節リウマチの活動性評価は、これまで触診や採血といった感度の低い検査に頼っていましたが、関節超音波を用いることで今まさに関節の中で滑膜の炎症が起こっていることを感度高く視認できるようになりました。

たとえCRPが陰性でも活動性滑膜炎が見つかることもあります。患者さんが痛がっていても触診で関節が腫れていない場合もあります。しかしそこに超音波を当てると、活動性滑膜炎が見つかることもあります。 関節超音波の発達により、リウマチの分類基準に当てはまらない超早期の関節滑膜炎や、完全にリウマチが沈静化した深い寛解である、超音波寛解に至っているのかを判断できるようになりました。 超音波で活動性滑膜炎が認められないことを確認することにより、自信を持って患者さんに、「これはリウマチの痛みではないですよ。」と安心させてあげることもできます。

本講演では、関節リウマチにおける関節超音波診療の基本から、関節超音波陰性の痛みの考え方まで、わかりやすく解説したいと思います。

講師

斉藤 究 先生

さいとう整形外科リウマチ科 院長

講座日時

2021年5月14日(金)20〜21時20分


新たにOCD会員登録(月額1,000円)をご希望の場合には、下記より先にOCD会員登録をお申し込みください。今回のセミナーより会員価格でご参加可能です。

新規OCD会員登録はこちら